”ガードルを履いて痩せること”
”ぽっこり下腹やむっちり太ももをシェイプすること”

ガードルを履くだけでできることなの?

もし痩せることが出来るとしたら、
楽だし試してみたい!と思ってしまう。

ガードルで痩せる方法なんて…
そんなうまい話はあるのでしょうか?

気になるので調査してみました!

下腹から太ももの肉をすっきりとガードルで痩せる!

年齢を重ねる、出産を経験して下腹部がぽっこりと出てしまう。

動かないから太ももにお肉が付いてパンツスタイルに自信が持てなくなる。

全体的に脂肪が目立って好きな服が着られなくて悩んでいる。

人の悩みは十人十色。

太ったことで感じる悩みも色々とあるから
ダイエット方法だってたくさんあってどれを試していいか分からなくなる。

何をやってもリバウンド。

一度、下腹部や太ももにお肉が付いてしまうと、
それを減らすのはなかなか大変なことなんですよね。

お腹周りから下半身が太くなるのはなぜか?って考えると
「ガードルを履く」に辿り着くわけです。

下半身太りからガードル?

つながりが分からない…と思うかもしれません。

ガードルをなぜ履くのか?

着やせして見えるからということもあるでしょう。

ガードルの中にお腹周りの肉を詰め込んで
ヒップのお肉をキュッと引き上げて履けば

あら不思議♪やせて見える~♡

ってこれだけじゃないんです。

ガードルと言ってもたくさんあるので
今回のガードルの説明は骨盤を固定してくれるタイプのものであることが前提となります。

普通のガードルも履かないよりはマシでしょうけど...骨盤をケアする為に作られてないので効果のほどは分かりません。

骨盤をケアするもの、引き締めるガードルを履くことで下半身太りを解決する要因となります。

なぜ骨盤をそんなに気にするのか?というと

身体の中で骨盤の位置を想像すると簡単に謎が解けます。

答えは、「骨盤は上半身と下半身の基点になっているから」です。

ココが歪むと体全体が歪み始めるってことです。

骨盤が歪むと何が悪いのか?というと

太ももの付け根は大きなリンパが通っています。
このリンパの流れが悪くなる。
 ↓
血流が悪くなる
 ↓
下半身に行き渡らない
 ↓
代謝が悪くなる
 ↓
むくみが生じる
 ↓
脂肪燃焼ができにくくなり下半身が太くなる。

こんな感じでしょうか。

血流が悪くなり代謝もダウンする。
 ↑
これが下半身太りの大きな原因と言えます。

だったら骨盤を矯正するために整体へ行ったらいい!という方もいます。

もちろん整体へ行ってください。
ただ、整体へ行って終わりと思ってるなら間違いです。

整体へ行った状態を長くキープしないと
生活習慣のクセで時間の経過と共に骨盤がまた歪み始めます。

毎日の生活の中で、一方だけ足を組む癖がある、頬杖をつく、PCを長時間観て前傾姿勢になってる…などのクセが付いてしまって元に戻ってしまうのです。

気を付けていても自然と楽な姿勢になるから”クセ”って厄介なのです。

ガードルを履くことでその癖で歪む骨盤をサポートするということです。

骨盤を固定することで背筋が伸びるので姿勢が良くなる。
腹筋と背筋のバランスも取りやすくなってくる。
筋肉がバランスよくつく。

出来れば筋トレも取り入れた方がいいのですが
ストレッチ程度でも取り入れることで体が柔軟性を持つ。

腰痛や肩こり緩和にも貢献してくれます。

代謝が良くなるので足のむくみが改善方向へ向かう。
痛くてたまらなかった人も緩和を感じられるでしょう。
これこそ、リンパの流れが良くなったからむくみにくくなる!ってこと。

ガードルを履くだけで痩せるサポートをしてくれるなら難しいことはありませんよね。

下腹から太ももにかけてガードルで引き締めたい!ということであれば、ガードルの丈はロングがおすすめです。

タイプもソフトタイプではちょっと物足りないので、
履いていて苦しくないほどのハード感があるものが良いですね。

下腹や太ももがちょうどいい感じで引き締められると、
そのガードルを履いただけで、いつものパンツやスカートが
すんなりと履くことが出来るようになります。

一方でロングタイプのガードルは太ももまで圧迫されるので長時間履けない可能性が高いです。
気分が悪くなることもあるかもしれません。

そういう方はショートタイプを選んでください。
ショートタイプだから太ももはケア出来ないんじゃないの?と思うかもしれませんが、骨盤の歪みを正すことでリンパの流れが良くなり代謝アップしてむくみにくくなるので、ケアは十分に出来ます。

下半身太りの方は代謝が悪くてむくんでいることが多いので、むくみが取れれば意外とスッキリして見えます。

ガードルは履くと締め付けがありますので、人によっては知らず知らずのうちにストレスになることもあります。

ソフトタイプ、ハードタイプと種類もありますが、
感じ方も履く方によって異なってきますので、
ハードタイプでもあまり締め付けが感じない方もいます。

特に、寝る時は体はリラックスしたいものなので、
ガードルは昼間だけ履く方がおすすめです。

(※実際に履いてみて、寝てるときくらい履かなくても良いかなって感じました)

ガードルを履き始めると、履いていない時よりも
お尻が持ち上がったり、余計なお肉がガードル内に収まることで、
とてもすっきりと見えるようになります。
 ↑
要は着やせして見えるってことです♪

そして、同じパンツやスカートを履いても
以前よりもすんなり履くことが出来たり、
体のラインも綺麗に見えるようになるので、
ウキウキしますよ!

ガードルを脱いでしまうとまた下腹ぽっこり、
太もももブヨブヨ…となってしまいますが、
代謝がアップすれば脂肪燃焼しやすい身体になるので少しの辛抱です。

ガードルの種類によっては、骨盤を締めてくれるものもあり、
履いているだけで痩せる効果をもっと発揮してくれます。

出産や生活習慣などで開いたり歪んだ骨盤は、
体に悪影響を与えてしまい、太りやすくもします。

しかし、ガードルなどで骨盤を引き締めると
新陳代謝が良くなったり、脂肪燃焼効果を発揮したりし、
痩せることが出来るようになります。

ガードルで痩せる効果を実感したい方は、
下腹から太ももにかけての効果はあるのか、
骨盤を引き締めてはくれるのかを確認しつつ、
ガードルを探してみると良いですよ!


 インスタやtwitterで拡散されてる
 加圧ショーツタイプの骨盤ケア商品♪

>>クリスチャンココの履くだけ下半身ダイエットの効果