産後にガードルを履くというのは良く知られていますが、
いつから履き始めて、いつまで履けば良いのか、
考えてみたことはあるでしょうか?

産後にガードルを履いて、
しっかりと効果を感じるには、
着用の時期も理解していた方が良いですよね。

産後にガードルを履くタイミング

産後にガードルを履くというのは、
妊娠、出産によって広がってしまった骨盤を
元の位置に戻す目的があります。

骨盤は、出産がきっかけで広がり、歪んでしまうことがありますが、
そのままの状態にしておくと、良いことはありません。

太りやすくなってしまう、というのが有名ですが、
それ以外にも体には悪影響を及ぼしています。

骨盤が歪むと、きちんとした姿勢を取れなくなるので、
腰痛や肩こりなどに悩まされることも多くなりますし、
内臓の位置も変わってしまうので、体調不良も起こします。

産後にガードルを履くことは重要なことですが、
産後直後に履きだすのはまだ早いです。

産後すぐは、まだ子宮の状態が正常ではありませんので、
子宮の回復に合わせて履くようにしましょう。

子宮の回復は、個人差がありますが、
早い方でも2週間後くらいからになります。

体調や子宮の回復具合によっては、
1ヵ月後や2ヶ月後という方もたくさんいます。

慌てて締め付けるタイプのガードルを履いても
体にとって良いことはありませんので、
まずは体調や子宮の状態に合わせるようにしましょう。

そして、いつまで履くかですが…
極端な話、妊娠前のスタイルに戻ってしまえば
もう履くのをやめても良いです。

しかし、ガードルを履くと、腰回りの痛みなどもサポートしてくれ、
姿勢も良くすることが出来ますので、育児に忙しく、
腰痛などに悩まされている方は、そのまま履いていると良いですね。

産後にガードルを履くと、
妊娠、出産で正常な位置から移動してしまった骨盤を
元の位置に戻すことが出来ます。

骨盤の歪みなどは、目で見ることは出来ませんが、
実はかなり歪んでいることが多く、
その影響は計り知れません。

産後になかなか体型が戻らない、というのは、
この骨盤の歪みが大きく関わっています。

なので、産後にガードルを履いて骨盤をキュッと締めると、
元の位置に戻り、内臓などの位置も戻すことが出来るので、
痩せやすくなりますし、体調も良くなります。

産後にちょっときついな、と思っていた洋服も
ガードルを履くことで余計なお肉を抑えることも出来、
余裕で入るようになることも多いですよ。

産後のガードルを履く時期についてご紹介しました。

ガードルを効果的に履きたい方は、
参考にしてみて下さいね。