下半身太りを着痩せして見せるたった1つの方法

着やせコーデなんて難しいことを考えなくてもいい。

ただ、この1枚を足すだけで下半身が着やせして見えるから取り入れやすい。

下半身太りを着やせして見せるアイテム

脂肪の付き方によっては着用する前と後では
ウエスト周りが-15㎝も変化する着やせ見せするアイテムは

「骨盤ショーツ」です。

ダイエットをしてもすぐにウエスト、お尻周り、太ももを細くすることはできない。

だったら履いてすぐに細見えする商品を使うと
履いている時は着やせして見えるから応急処置できます。

並行して、筋トレや運動は必要になりますが
すぐに着やせして見えるからいい気分を保てます。

骨盤ショーツの着用前後の変化をご覧ください。

服の下に1枚追加するだけなので1枚あると重宝します。

⇒下半身を着やせさせる骨盤ショーツ

骨盤ショーツなら何でもいいのか?

ウエストをキュッと固定してくれ
ヒップアップになってキツ過ぎず履けるなら何でもいいです。

ウエスト周りを固定するには骨盤ベルトみたいなものが必要になるので
逆にウエストを太く見せる可能性もあります。

ガードルの縫製方法や使う素材によって
ウエスト周りを固定しても細見えしてくれる商品も発売されているので心配いりません。

あとは、ショーツデザインのショート丈か太ももまであるロング丈を選ぶのか、
お悩みや使うシーンによって選ぶといいでしょう。

ショーツデザインのショート丈とは

ギュギュギュ 効果
出典:ギュギュギュ
  • 太ももまでカバーしないので太ももへのアプローチは低い。
  • ヒップアップするように設計されてるが太ももの方へはみ肉する可能性を含む。

ただ、ハイウエスト仕様なのでお腹周りに集中してアプローチします。
お腹に力が入るので姿勢もよくなり腹筋も付きやすくなる傾向にあります。

さらにショートタイプのメリットは、
ショート丈なので服を選ばずコーデを楽しめます。

ロングタイプだと短いスカートを履いた時に裾が見えてしまう、
ショートパンツは履けない・・・と服を選びます。

しかしショートタイプならミニスカート、ショートパンツの下に履いても
骨盤ケアショーツを履いているなんてバレません。

太ももまでカバーするロング丈とは

マジカルシェリー 骨盤ガードル
出典:マジカルシェリー
  • 太ももまであるので太ももまでアプローチする。
  • お尻の垂れも収めてくれる。
  • ウエスト周りを引き締め痩せ見えさせる

ロングタイプのメリットは
ショートタイプと比較すると太ももからお腹まで広範囲にカバーしてくれる点です。

デメリットは
太ももまであるので服のコーデを選んでしまう。

短めのボトムスは裾が見えてしまうので注意が必要です。

パンツスタイルや長めのスカートやオールインワン、ワンピースを着る時に着用すれば、下半身太りに悩んでいる人の救世主になってくれます。

骨盤ショーツ2つのタイプに必要な仕様

骨盤ショーツなのだから
骨盤周りは徹底的に固定してほしい。

普通のガードルではカバーできないところです。

コルセットみたいな働きをする仕様がついていれば
骨盤周りも固定出来てウエストもより一層スッキリになる。

このコルセットのような引き締めをする仕様もプラスされている骨盤ショーツを選んでほしい。

言葉で説明するより画像を見た方が分かりやすいので載せておきます。

↓こんなタイプの骨盤ショーツ。
ギュギュギュ サイズ選び

ショートタイプ、ロングタイプ同じようなデザインがあります。

骨盤周りを固定するメリット

  • 骨盤が立つので姿勢がよくなる
  • 猫背改善のサポートになる
  • 骨盤の広がりを抑えてくれる
  • 体のバランスがよくなる

これらは下半身太りを阻止する動きでもあるので
なるべく骨盤を正しい位置に置く習慣をつけることです。

骨盤は日常生活の中で徐々に歪んでいきます。

歪みの原因は、脚を組んだり、猫背や前傾姿勢で長時間机に向かう、頬杖をつくなど
日常生活のなかで知らず知らずの間にやってしまう姿勢の悪さからきてます。

毎日の生活の中で少しでも骨盤ケアができるようにすれば大きな歪みを阻止することができます。

骨盤周りを固定する理由は
身体全体に良い影響を及ぼすので取り入れてみてください。

まとめ

下半身太りを着やせして見せるには
骨盤ケア用のショーツを履くとよい。

筋トレや運動で体を引き締めたいけど理想の見た目になるには時間がかかる。

その点、骨盤ケア用ショーツは履くだけで着やせして見えるし
服の下に着用しているので誰にもバレずに着やせできる。

着やせするコーデ方法を取り入れるなんて面倒なことをしなくても
骨盤ケアショーツ1枚取り入れるだけの簡単補正です。

タイトルとURLをコピーしました